\パパママも喜ぶ!/おうちでできるモンテッソーリ教育「おうちモンテ」で見守る孫育て

PVアクセスランキング にほんブログ村
この記事がおすすめな方
  • モンテッソーリ教育に興味がある
  • 孫と一緒に過ごす時間におうちモンテを実践したい
  • 藤井聡太さんのような賢い子の幼児期の教育に興味がある
  • 自立し、責任感のある孫に育てたい
  • 知育玩具のサブスクについて知りたい
クオッカ

こんなじいじ・ばあばにおすすめです!

こんにちは。週末ブロガーリコです。

大事なお孫さんを預かるとき、何をしたらいいか困ってしまう経験はありませんか?

何か孫のためになることはないかしら?

そんな方には、モンテッソーリ教育がおうちで簡単に実践できる「おうちモンテ」をおすすめします。

自立していて、責任感と他人への思いやりがあり、生涯学び続ける姿勢を持った人間を育てる

というモンテッソーリ教育の理念は、とても共感できます。

あの将棋の藤井聡太さんも、幼少期にモンテッソーリ教育を受けていたことは有名な話です。

クオッカ

でもこれってモンテッソーリ教育を導入している幼稚園じゃないと受けられないのでは?

きちんとしたモンテッソーリ教育を受けるには、資格をもった教師のいる園に入らなければなりませんが、モンテッソーリの理念を実行するには、おうちで簡単にできることもあります。

この記事では、じいじ・ばあばでもできる「おうちモンテ」の方法をご紹介いたします。

\知育玩具のサブスクをプレゼントするもおすすめ!/

目次

モンテッソーリ教育とは

「モンテッソーリ教育」は、子どもは生まれながらにして自分自身を成長させ発達させる「自己教育力」があるという考えに基づいています。

わかりやすくいうと、子どもは教えなくても歩こうとしたり、積極的に様々なことを吸収しようとしたり、自分で成長・発達することができるという考えです。

モンテッソーリ教育には、モンテッソーリ特有の「教具」を用い、環境を整えることが重要であるとされています。

おうちモンテの始め方

ここではおうちでも簡単にできる「おうちモンテ」の始め方をご紹介します。

STEP
モンテッソーリ教育理念を知る

本を読んだり、通信教育で学びましょう

STEP
おうちモンテの環境を整える・教具の用意

椅子や机などの環境を整えましょう!知育玩具はサブスクでもOK!

STEP
モンテッソーリ教育の親の在り方を学ぶ

大人には主に3つの役割があることを知りましょう

一つずつ説明していきます。

STEP1 モンテッソーリの教育理念を知る

「おうちモンテ」を始めるには、モンテッソーリ教育の基本的理念を学びましょう。

おうちモンテについては、たくさんの本が発売されています。

まずは本を読んで、モンテッソーリへの知識を深めておくのが大切です。

\おうちモンテを始めるならまずはこの1冊!/

\今いちばん売れているモンテッソーリ教育に沿った教育書です!/

\モンテッソーリ教育を実践するならこの本!/

STEP2 おうちモンテの環境を整える・教具の用意

次のおうちモンテの環境を整えていきます。

どんな教具を選べばいいのかしら?

月齢にふさわしい知育玩具を選ぶのは、難しいですよね。

そんな時は、知育玩具のサブスクを利用するというのも一つの方法です。

知育玩具をサブスクするメリットとデメリット

知育玩具のサブスクをするメリットとデメリットをご紹介します。

サブスクのメリット
サブスクのデメリット
  • 専門家が月齢にあった教具を厳選してくれる
  • 自分で買いに行って選ぶ手間が省ける
  • 常に新しい玩具になるので、飽きずに遊べる
  • 遊ばない玩具は捨てずに返却できるのでエコ
  • 気に入らない知育玩具が入っている可能性もある。
  • 気に入ったものも返却しなければならない

知育玩具のサブスクは大きく分けて2つのタイプがあります。

  1. レンタル型
  2. 購入型
クオッカ

人気のサブスク型の知育玩具会社の比較はコチラ!

スクロールできます
内容イクプルキッズ・ラボトリーいろや商店
レンタル・購入レンタルレンタル(気に入ったものは買取可能)購入
金額レギュラー 3,700円/月
(玩具6点)
ライト   2,490円/月
(玩具3点)
おすすめ 4,378円/月
(玩具5〜7点)
お試し  2,574円/月
(玩具4〜6点)
スモール 6,600/月
(玩具1〜2点、本1〜2冊)
ビッグ 11,000円/月
(玩具1〜4点、本1〜4冊)
送料送料込み1,100円(お届け時のみ)送料込み
サイクル2ヶ月に1回おすすめ 毎月
お試し  隔月
毎月
おすすめポイント日用品の合わせ買いができる
利用に応じてポイントが貯まる
おすすめコースは有名ブランド玩具が最低1つ入る
レンタルと違い新品が届く
専門家の店長が月齢や希望に沿った商品を厳選

レンタル型知育玩具のサブスク「イクプル」

イクプルとは
イクプルは4歳未満のお子さまを対象としたおもちゃの月額レンタルサービスです。
おもちゃコンサルタントが厳選したおもちゃをお子さまの月齢や成長にあわせてセレクトし、2ヶ月に1度の配送・返却のサイクルでお届けします。
出典:イクプル公式HP
出典:イクプル公式HP

レンタル型「イクプル」のメリット

  • 気に入った玩具は継続してレンタルできる
  • 日用品の同時購入が可能
  • 他のサブスクより価格が安い
クオッカ

おむつなどの日用品も一緒に購入できるのが面白い。

レンタル型「イクプル」のデメリット

  • 玩具のリクエストはできない
クオッカ

それだけ厳選された玩具が送られてくるってことかな。

\おもちゃコンサルタント厳選!良質なおもちゃを2ヶ月に1回お届け/

イクプル

レンタル型知育玩具のサブスク「キッズ・ラボラトリー」

キッズ・ラボラトリー
お子様の成長に合わせた知育玩具を個別にプログラムし、定期的におもちゃをお届け・交換する定額制のレンタルサービスです。
出典:キッズ・ラボトリー

レンタル型「キッズ・ラボトリー」のメリット

  • おもちゃコンシェルジュが最適な玩具をセレクト
  • おすすめプランにはボーネルンドなどの有名玩具が最低1つ入っている
  • 返却期限なし
  • 気に入った玩具は買取可能
  • 交換はいつでも可能(お届け時のみ別途送料)
  • モンテッソーリ教育やシュタイナー教育を考えている場合に特にお勧め
クオッカ

おうちモンテを実践するならもってこいのサブスク!

レンタル型「キッズ・ラボトリー」のデメリット

  • 他のサブスクに比べて料金が高め
  • お届け時のみ送料が1,100円かかる
クオッカ

料金が高いだけあって有名ブランドの玩具が入っているよ。

\1日たった78円!初回は30日間全額返金保証付き/

購入型知育玩具のサブスク

いろや商店とは?
おもちゃ(知育玩具)・絵本・図鑑選びの専門家の店長が、お客様と一緒にお話をしながら、赤ちゃん・子供の個性・成長・発達の状況に応じ、遊び方も交えておもちゃ・絵本・図鑑をお届けします。
新しい遊びにも出会える!『遊びの道具・遊び方』が定期的に届く定期便・サブスクです。

購入型「いろや商店」のメリット

  • 新品という安心感
  • 専門家がカウンセリング!成長に合わせたおもちゃを厳選してくれる
  • 返却不要
  • 遊び終わった後の引き取り(ポイント交換)がある
クオッカ

カウンセリングで「おうちモンテ」に必要な教具を選んでもらえます。

クオッカ

レンタルじゃないから、全て新品!やっぱり気持ちいいよね。

購入型「いろや商店」のデメリット

  • 店長1人で運営されているので申込み人数に制限がある
  • レンタルと違い、遊んでから返却することはできない
クオッカ

購入なので、飽きたからといって返却はできないよ。

\たった1人の店長が厳選!個性に合わせた最適な玩具をセレクト/

STEP3 モンテッソーリ教育の親の在り方

「おうちモンテ」の環境を整えたらそれで終わりではありません。

一番大切なのは、大人の関わり方です。

モンテッソーリ教育での大人の役割は主に3つあります。

  1. 適切な環境を用意する
  2. 環境と子どもを結びつける
  3. 見守る

モンテッソーリ教育では、大人は子どもの成長を「見守る」スタンスであることが重要とされています。

子どもに選択肢を与えて自ら選び、学ぶことで、成長する過程のサポートに徹しましょう。

そうすることで、お孫さん自身の可能性を伸ばし、パパやママとも良好な関係を築けます。

まとめ:おうちモンテで責任感と他人への思いやりも育つ

モンテッソーリ教育をおうちで行う「おうちモンテ」

モンテッソーリ教育を実践することで、自立して、自ら成長・発達する力をつけるでしょう。

大事なお孫さんを預かることが多いじいじ・ばあばは、知育玩具のサブスクで「おうちモンテ」を実践してみませんか?

また、ママやパパへのプレゼントにも知育玩具のサブスクはおすすめです。

専門家が選ぶ厳選されたおもちゃなら、教育意識の高いパパやママは間違いなく喜んでくれるでしょう。

飽きてしまっても捨てることなく返却できるサブスクは、子どもにとってもエコを学べる貴重な機会です。

リコ

責任感と他人への思いやりをもった藤井聡太さんのように賢く育ってほしいですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次