【50代になって思うこと】専業主婦がパート(非正規雇用)から正社員(正規雇用)になるまでの道のり〜40代・50代でも正社員になれる!〜

子育て・体験談

普通の専業主婦が正社員になるまでの道のり

りこ@50代です。
40代後半で正社員として今の職場に採用されました。

そんな私がどうして正社員になろうと思ったのか?
どのようにして今の職場を決めたのか?など
お話していこうと思います。

20代からの仕事経歴

【20代前半〜出産まで】ゼネコン勤務時代

大学卒業後、一般職事務としてゼネコンに就職
仕事はお茶くみやおじさまたちのアシスタント的な業務
めちゃくちゃ暇でした(笑)
あんな仕事っぷりで額面20万くらい、ボーナス50万くらい
いただいていたのは今思うと申し訳ない

当時の一般職は結婚(出産)=退職が当たり前の時代だったので
7年目の12月にボーナスをもらって退職

りこ
りこ

今思うと本当にダメダメOL。

早く結婚して辞めたい!と思っていました。

この時代に得たスキル

・この時代にしては入社時から一人一台Windowsパソコンがあり
 Word&Excelの基本はこの時実践で学びました
(特に建築系の理系の先輩からマクロの作り方など教わる)

【出産後〜次男幼稚園の子育て期】在宅ワーク時代

りこ
りこ

子育ては「孤育て」ともいいますよね

当時の私は今で言うワンオペ

話すのは夫だけという日もしばしばありました。

そんな生活が辛く「社会と繋がっていたい」という

理由で在宅ワークを始めました

最初にやった在宅ワークはデータ入力。
紙ベースの書類(おそらく役所の)をフォントや文字間などを
見たままに、Wordに起こしていく作業です。

A4×1枚200円、A3×1枚300円くらい
簡単なものから複雑な表が入り混じったものなど
差がありましたが、比較的単価は高かったと思います

幼児向け通信教材の添削も行いました

こちらは採用されるまでに試験や研修などがきっちりありました
1人80名くらいを担当し、1枚200円くらい。
子どものいない時間やお昼寝時間だけでは作業時間が確保できませんでした
やっていて楽しかったのですが・・・お小遣い程度の収入でした

この時代に得たスキル

文字間や行間など細かい調整ができるようになりました。
今も見たままに書類を作るのは得意です
添削では字を丁寧に書いたり、幼児向けにお返事を書いていました

りこ
りこ

振り返ってみると今の仕事に

役立っていることが多いです!

【小学生〜中学生前半期】パート転々時代

少しずつ子どもたちに手がかからなくなってきたこともあり
外で働きだします
「やってみたかったこと」をやろうと決め、

・雑貨&カフェのお店
・本屋
・住宅展示場
・住宅系建築会社
・マーケティングリサーチ
・覆面調査
などを転々としました
どれも週に2・3回で時間も短め
やりたいことがありすぎて、3個かけもちしていた時期も。

この時代に得たスキル

なんといってもコミュニケーション能力ですね!
マーケティングリサーチでは決められた地域内で
いきなりピンポンしてアンケートに答えてもらうという無茶振り
「こんなの怪しまれて絶対無理だよ〜」と思ったけど
世の中意外といい人がいっぱいいて、
なんとかノルマはこなしました(でもきつかった)
(※きちんとした大手マーケティングリサーチ会社です)

りこ
りこ

一度はやってみたい!と思っていたことだから

満足感が大きいです。

【中学校〜高校期】派遣・契約社員時代

子どもたちが大きくなるに連れ、教育費が重くのしかかってきました
塾代やこの先控えている大学費用などを考え
収入を増やすため週5の派遣で大手企業で働き始めました
最初は週5なんて久しぶりで無理かな?と思いましたが
慣れてしまえばなんてことはないです。
ここも仕事は楽でしたが、5年間パワハラを受けていました

この時代に得たスキル

間違いなく忍耐力です!
正直この時以上の方はもういないでしょう。笑
ただ、仕事は「簡潔・気配り・ほうれんそう」など
きっちり叩き込まれましたので、
悪いことばかりではなかったです
メンタルも強くなりましたね(笑)

りこ
りこ

この後ストレスで体調を崩しました。

パワハラを受けたら

5年も我慢する必要はありません!笑

【高校〜大学期】パートから正社員へ

子どもが好きだったこともあり保育園の事務職に応募
この時職業訓練制度を使って2年間学校へ通い
保育士の資格を取るかどうか迷いましたが、
今の職場の採用が決まったため
保育士資格は別独学で取ることにしました
現職は今まで培ってきた
事務のスキルが存分に発揮でき
しかも感謝されるというやりがいのある所

おまけにかわいい子どもたちと触れ合える機会もあり
私にとっては最高の居場所です!

この時代に得られるスキル

システム専用の部署があるわけでもなく、
詳しい人が他にいるわけでもないので、
なにかあれば検索して勉強!
調べてみるとたくさんの新しい発見があります
経理的なことも少しかじっているので簿記の資格も取る予定

りこ
りこ

毎日いろいろな出来事が起こります!

変化があって楽しい職場です。

正社員になるということ

正直、専業主婦やパートで働いていた時は
「正社員になる」ということに関して

正社員になるなんて無理
この歳で採用してくれるところなんてない
○自由に休みもとれない
○責任も重い
○あってもブラック企業では?

とネガティブな印象しかありませんでした
この気持ちが変わったのはハローワークでの担当者の方の一言です

週5でフルタイムパートで働くつもりなら、
お給料や待遇に差があるから絶対正社員を目指した方がいい!


というものでした
実際パート(非正規雇用)と正社員にはどのような違いがあるのか?
調べてみました

正社員(正規雇用)とパート(非正規雇用)違いとは?

正規雇用・・・・一般的に労働契約に期間の定めがなく、
        所定労働時間がフルタイムの
        直接雇用の社員をいいます

非正規雇用・・・パート・アルバイト・派遣など労働契約に
        期間の定めがあったり、
        扶養内における短時間契約を主とします

りこ
りこ

それぞれのメリット・デメリットって

なんだろう?

【私が思う正社員のメリット】
雇用期間の定めがない
月額固定給
賞与や退職金などがある
昇給昇格がある
福利厚生や研修が充実

【私が思うパートのメリット】
時間や勤務日などが選べる(週3短時間で働ける)
ある程度責任のある仕事は回されない

【私が思う正社員のデメリット】
基本フルタイム勤務
残業や土日出勤が必要に応じてある

【私が思うパートのデメリット】
契約更新ができないこともある
給与が時給制
賞与・退職金制度が無い

りこ
りこ

子どもたちが大きくなったので、
フルタイムで働くことに支障はありませんでした。

デメリットよりメリットのほうが魅力的!
正社員の募集に絞って仕事を探しました

正社員(正規雇用)になるために役立ったこと

今までやってきたすべてのことが役立っています!

正社員の事務職は狭き門です。(年齢が上がれば上がるほど)
現職前に新園事務職に応募した所、1人の募集に50人応募が来ているとのことでした。
(ここは残念ながら落とされました)
今の職場も20人ほど応募があったようです。
採用に至ったのはいろいろな経験をしてきたことが強みになったのではないでしょうか?

りこ
りこ

思いの外PTA活動での広報誌作りも、

現職でパンフレット作り等

に役立っています。

結論として言いたいことは
人生に無駄なことなどひとつもない、ということです
その時は無駄だと思っていることも、
いつかは誰かの、何かの役にたつ日が来るかもしれません

だから、
もう年だからとか

何もできないからとか思わず
やってみたいことにチャレンジしていきましょう!

すべてはなにかに繋がっているかもしれませんよ!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました