【体験談】これだけは!30代40代子育て世代こそ入ってほしい。後悔しないためにおすすめする保険と理由とは?

保険
man, woman and child holding hands on seashore

こんにちは。週末ブロガーりこ。です。

みなさん死亡保険は入っていますか?

保険てなんかよくわかんないし、めんどくさそう。

うーん、健康には自信があるし、保険なんて無駄でしょ!

と思っているそこのパパ、ママ!

りこ。
りこ。

ちょっと待ったー!

死亡保険には特に30代40代の子育て世代の皆さんには入ってほしい保険です。

ここでは私の周りで実際起こった出来事をもとに

子育て世代に死亡保険は必要と思う理由

についてお話したいと思います。

掛け捨ての死亡保険が必要な理由

死亡保険とは文字通り、

被保険者が死亡してしまった時に遺族に支払われる保険」ですよね。

まだ30代だし可能性は低いでしょ。

なんだかピンとこないな。

そう思う気持ちはよくわかります。私もそうでした。

でも、仕事柄(保育園勤務)、多くの20〜40代の子育て世代の保護者の方に接していますが、

残念ながら数年に1度、お亡くなりになる保護者の方がいらっしゃいます。

数日前には元気に一緒に登園していたパパが突然…というケースもありました…。

りこ。
りこ。

本当に悲しいけど現実として起こっています。

ショックと不安でいっぱいであろうママと子どもたちになんて言葉をかけてあげればいいのか…

りこ。
りこ。

心配だな…大丈夫かな…?

遺族年金はあるけれど…

万が一、夫が死亡した場合には、公的な保険「遺族年金」を受け取ることができます。

オリックス生命保険HPより引用

妻が死亡した場合も受け取れます。

オリックス生命保険HPより引用

例えば

  • 夫が死亡してしまった
  • 子ども2人
  • 会社員

の場合、遺された家族が受け取れる遺族年金月額13.6〜16.2万円

子どもがまだ小さくて、住宅ローンや家賃がなければなんとか暮らしていける金額です。

りこ。
りこ。

でも、中学・高校・専門・大学などの先のことを考えると、正直不安な金額です。

もちろん、遺された妻も働いて収入を得る必要もありますが、今まで専業主婦やパートだった場合は、

  • 子どもが小さいと思うように働けない
  • 子どもが病気になった時預け先がない
  • 自分も病気になる可能性もある
  • 正社員の仕事が見つかるとは限らない

などことから、大幅な収入アップは難しいかもしれないですよね。

また、必ずしも健康で働きつづけられる保証もないと思います。

そんな時に役立つのが死亡保険です。

りこ。
りこ。

頼れる人がいなくなってしまったら、ただでさえ不安でいっぱい。せめてお金の面では安心して生活してほしい。

もし死亡保険に入るなら?

Smile, Note, Tear Off, Happy, Pleasure, Smiles, Smiley

もしこれから死亡保険に入るならこんな保険がおすすめです。

  • 掛け捨てタイプの死亡保険
  • 保障は最低2,000万〜4,000万くらい

 ※個人的な見解です。住んでいる場所や生活水準で違いがあります。

りこ。
りこ。

掛け捨てでいい理由は、保険料が安いからです!利率が低い今、貯蓄性の高い保険はいらないと思います。

死亡保障は最低2,000万、その理由は子ども2人の教育費がそれくらいかかるからです。

子ども2人のリアルな教育費です!参考にしてください!

3,000万あれば、習い事もさせてあげられたり、もし働けなくなった場合も安心。

4,000万あれば、老後資金も少しゆとりができるかもしれません。

りこ。
りこ。

保障額は掛け金とのバランスをみて決めましょう。無理して支払う必要はありません。

子育て世代が亡くなることは「万が一』ですが、

自分の身に起こらないとは限りません。

例えばリベ大でもおすすめしているメットライフ生命なら

  • 30歳・男性・非喫煙・健康な方10年更新の保険料は
保障額1,000万2,000万3,000万4,000万
保険料840円1,680円2,520円3,360円

これくらいなら払えるかも!

りこ。
りこ。

お金がすべてではないけれど…

遺された家族はお金の心配がなくなれば、少しは安心して生活できるかな…。

大切な家族のために今一度考えてみてはいかがでしょうか?

\加入保険大公開/入ってよかった保険ベスト3の記事はコチラ

まとめ

Adult, Mother, Daughter, Beach, Kids, Children, Evening
  • 子育て世代は、遺された大切な家族のために死亡保険には入ったほうがいい
  • 遺族年金だけでは生涯安心して生活はできない可能性がある
  • 「万が一」は誰に起こるかわからない
りこ。
りこ。

脅かすようですが実際に起こっている話です。遺された家族が生活に困らないように…支出と収入のバランスもよく考えて保険に入るか入らないか決めてみてくださいね。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました