SWELL移行中

ハローワークの職業訓練で超お得に保育士資格を取得する方法

PVアクセスランキング にほんブログ村

こんにちは。週末ブロガーリコです。

30代、40代、50代で保育士資格を取りたいな、と思っている方も多いのではないでしょうか。

ただし、保育士資格は国家資格。合格するためには9科目の筆記試験と2科目の実技試験を突破しなければなりません。

この歳になってそんなの無理じゃない?

そんな風に思ってはいませんか?

リコ

私もそう思ったからよくわかります。

ここでは保育士試験を受けなくても保育士資格を取得できる「職業訓練」についてご紹介いたします。

リコ

私もギリギリまで迷って見学まで行った、コスパ最強超お得な制度です!

目次

保育士資格を取る3つの方法

保育士資格を取得するのには3つ方法があります。

  1. 保育士を養成学校などを卒業する
  2. 保育士試験に合格する
  3. ハローワーク経由で職業訓練を受ける

保育士養成学校などを卒業する

保育専門学校や保育系の短大・大学などで単位を取得し無事卒業できれば、保育士の資格が取得できます。

新卒で保育士や幼稚園教諭になりたい場合、一番一般的な方法です。

保育士試験に合格する

保育士試験の受験資格に年齢制限はありません。ただし最終学歴によって受験資格は異なります。

受験資格を満たしていれば年に2回行われる保育士試験を受験し、合格すれば保育士資格が取得できます。

ちょっと頑張れば独学でも合格はできます。

ハローワーク経由で職業訓練を受ける

ハローワークの「保育士養成コース」に申し込み、保育士養成校に2年間通って保育士資格を取得できます。

学校の欠員を利用した制度なので、一般の専門学生や短大生と一緒に授業を受けることになります。

リコ

条件によっては失業手当をもらいながら学校に通うことができるんです。

お金をもらいながら勉強できるってこと?

リコ

はい!本気で保育士になりたいならおすすめの制度です。

保育士資格を取得する方法の比較表

保育士資格を取得するための3つの方法を比較してみます。

保育養成学校など保育士試験職業訓練
費用200万独学なら数千円
通信なら数万円
授業料無料
テキスト代等別途
期間2〜4年間数ヶ月〜2年間
難易度普通高い普通
保育実技習得度高い低い高い

職業訓練は通常なら200万円程度はかかる費用がほぼ無料。(テキスト代は学校によりますが数万円から12.3万円程度です)

ただし、2年間は通学しなければならないので、なるべく早く資格を取って働きたいという場合は、短期間でぎゅっと勉強して保育士試験合格を目指した方が良いかもしれません。

職業訓練で保育士資格を取得する7つのメリット

職業訓練で保育士資格を取得するメリットをご紹介します。

  1. 授業料が無料(テキスト代別)
  2. 2年間じっくり学べる
  3. 幼稚園教諭の免許が取れる学校もある
  4. 制作やピアノなどの実技も学べる
  5. 実習でより実践的な保育を経験できる
  6. 条件によっては卒業まで失業手当がもらえる
  7. さまざまな年齢層の友達ができる
リコ

詳しく見ていきましょう!

授業料が無料

通常専門学校に通うとなると卒業まで200万円程度はかかることを覚悟しなければなりません。

しかし職業訓練なら、テキスト代等は実費(数万円から12万円程度の学校が多いようです)となりますが、授業料は無料で受けられるんです。

素晴らしくお得な制度ではないですか??

2年間じっくり学べる

学校に通うことになるので、平日はほぼ授業があります。

30代40代になり、お子さんが大きくなって平日の日中に時間が取れる方は1からじっくり学ぶチャンスです。

2年間じっくり学ぶことにより、保育士試験では得られない知識も得ることができるでしょう。

幼稚園教諭の資格も取れる

選択する学校によっては、幼稚園教諭の免許も取れる場合があります。

「幼稚園の先生になるわけじゃないから・・・」

リコ

ちょっと待った!

最近増えている「こども園」で働くためには「保育士資格」と「幼稚園教諭資格」の両方が必要です。

そのため、両方取っておくと将来就職の時には有利になるでしょう。

リコ

ただし、全ての学校が両方取れるわけではないので申込時点できちんと確認しましょう!

制作やピアノなどの実技も学べる

私は40代で保育士試験を受けて保育士資格を取り、現在保育現場で事務として働いています。

もし、試験に合格したからと現場で活躍できるか?と考えると私の場合、正直難しいと感じました。

保育補助の場合、なくても活躍のできる場はたくさんあるでしょう。

しかし、ある程度の制作やピアノの経験があった方がより保育が楽しくなるのではないかなと思います。

学校でみっちり教えてもらえれば、就職してからもそれを活かせる場は必ず出てきます。

リコ

単純にピアノが弾けるようになるのは羨ましい。

実習でより実践的な保育を学べる

職業訓練で学校に通い、保育士になるためには保育実習を受ける必要があります。

実習には、「観察実習」「部分実習」「責任実習」などがあり、期間も2週間を目安に行います。

リコ

ここで実際に先生たちがどんな動きをしているのかなどを学ぶことができ、自分が現場に出た時にどう動けばいいのか参考になります。

保育士試験だと現場を見る前にいきなり実践になる場合も多いでしょう。

就職前にいろいろな現場を体験できるのは大きなメリットです。

条件によっては失業手当を卒業までもらえる

職業訓練といえど、平日の9〜4時くらいまでは学校に通うことになります。

その分の収入の補填として下記の条件にあえば失業手当と職業訓練受講手当がもらえます。

  1. ハローワークで就職相談をし、訓練受講の指示を受けた
  2. ハローワークに求職申し込みを行っている
  3. 前職で1年以上雇用保険に入っていた
  4. 給付できる日にちの残日数が規定以上ある
リコ

前回転職するときにこの条件に全て当てはまっていたのでギリギリまで迷いました。

失業手当

離職者訓練を受ける方に、離職前の給与の50%〜80%程度(上限と下限あり)が基本手当として支給されます。

職業訓練受講手当

下記の要件をすべて満たす場合には、月額10万円が職業訓練受講手当として支給されます。

  1. 本人の収入が月8万円以下
  2. 世帯の収入が月25万円以下
  3. 世帯の金融資産が300万円以下
  4. 現在住んでいる場所以外に、土地や建物を所有していない
  5. すべての訓練実施日に出席している
  6. 同一世帯内に給付金を受給して職業訓練を受けている人がいない
  7. 過去3年以内に、不正行為によって特定の給付金を受けたことがない

さまざまな年齢層の友達ができる

学校の欠員枠を利用した制度なので、他の多くの学生は18〜20歳くらいがほとんど。

でも同じ目標に向かって頑張っていけば、年齢など関係なく仲良くなれるでしょう。

また、学校によって訓練の募集人員が違うので、募集が多めの学校を選ぶと年齢層も幅広いです。

私が実際見学に行ったは、20代くらいの若い子もいれば50代くらいの方もいらっしゃいました。

リコ

お互いいい刺激になって楽しいですよ。

職業訓練で保育士資格を取る5つのデメリット

「失業手当をもらいながら学校に通える」という素晴らしいメリットの反面、かなりのデメリットも存在します。

私が応募を諦めた理由もこの中にあります。

応募しようと思っている方は、このデメリットをクリアできるかよく考えてみてくださいね。

  1. 書類・面接選考がある
  2. 宿泊研修がある
  3. よほどの理由がない限り休めない
  4. 本気で保育士になりたいと思っていないと続かない
  5. タイミングが難しい

書類・面接選考がある

2年間という長い期間通学するので、「どうしても保育士になりたい」という強い意志があるかどうかの確認をされるでしょう。

「失業手当をもらえるから」なんていう甘い考えでは選考で落とされてしまいますよ。

宿泊研修がある

これもなかなかハードルが高い内容なのではないでしょうか?

児童養護施設などに1週間程度宿泊して行う研修です。なかなか子どもがいる主婦には難しい内容だと感じました。

よほどの理由でない限り休めない

私が職業訓練を諦めた理由の1つです。

当時は、子どもの入学式や通院などもあったため、難しいと判断しました。

本気で保育士になりたいと思っていないと続かない

職業訓練は2年間という長い期間です。受講する以上は卒業しないことには意味がありません。

しかも保育士になるためのカリキュラムはびっしり。遊ぶ暇もないかもしれません。

それでも「保育士になりたい」と強い意志がないと続けていくのは難しいです。

タイミングが難しい

長期職業訓練校は4月開校です。

前職を辞めるタイミングやお子さんの入園・入学のタイミングなどと、うまく合わせる必要があります。

職業訓練の申し込みから受講までの流れ

職業訓練の募集期間は約1ヶ月程度となっています。

期日厳守なのでうっかり申し込み忘れた!ということがないように事前に準備をしておきましょう。

STEP
ハローワークで求職申し込みをする(10月〜)

興味があるなら早めの活動がポイントです。

STEP
就職相談でキャリアコンサルティングを受ける(11月〜)

ジョブカードを利用したキャリアコンサルティングを受ける必要があります。予約制です。

STEP
施設見学(12月〜)

興味のある施設を実際に見学することができます。ここで具体的な授業内容の説明や質疑応答などがあるので、入校後をイメージするためにも行っておくことがおすすめです。(※コロナ対策で行っていない施設もあります)

STEP
受講申し込み(12月下旬〜2月上旬)※都道府県による

ハローワークへ直接書類を持っていきます。

STEP
面接選考申し込み(12月下旬〜2月上旬)

希望する施設に直接電話で面接を申し込みます。

STEP
面接(2月上旬)

面接を行います。志望動機などは詳しく聞かれるでしょう。

STEP
合格発表(2月下旬)

選考の結果は郵送で届く場合が多いようです。

STEP
合格者説明会(3月中)

合格者を対象とした説明会が行われます。

STEP
入校(4月上旬)

いざ入校です!

保育士資格を取りたいなら職業訓練がおすすめ

いかがでしたでしょうか?

職業訓練で保育士資格を取ることは、授業料も無料、しかも失業手当ももらえる超お得な制度です。

ただし、内容はかなり厳しいハードなものだと思います。

私には無理かな?

そう思う方は保育士試験を受けて保育士資格を取る道もおすすめです。

また、資格がなくても保育補助として働きながら資格取得を目指している方も増えています。

リコ

実際私も保育事務として働きながら保育士資格を取りました!

保育士サイトの中には、資格がなくてもOKな保育補助や保育事務の募集もあるので、興味のある方はチェックしてみてくださいね。

リコ

保育はかわいい子どもたちに囲まれ、成長を間近でみられるステキなお仕事です。子どもが好き、という方はぜひチャレンジしてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

目次
閉じる